私は、汗っかきな方ではありませんが、いつも脇の臭いを気にしていました。
夏場はもちろん、寒い時期でも、一日着た服の脇の部分をかいでみると、臭いにおいがしていました。
体臭は、自分も嫌ですが、周りにいる人の気分まで害してしまう可能性があります。
また、友達や好きな人に「臭い」と感じられたら大変恥ずかしいですし、一刻も早く気になる脇の臭いを治したいと感じていました。

よくある制汗剤で、スプレータイプのものがあります。
学生時代部活前や終わりなどよく使っていたため、馴染みがあり大人になってからも使用していました。
これを使用すると、脇汗を少し抑えてくれるような感覚がありました。
スプレータイプの制汗剤を使用した時と、していないときでは、汗の量は異なっていたように思います。
しかし、臭いは改善されていなかったです。
一日着ていた服の脇の部分をかいでみると、臭いがあります。
私が、スプレータイプの制汗剤を使用してみて思うのは、汗の量は少なくできても、臭いの強さはほとんど変わらないということです。
しばらくスプレータイプを使用していましたが、あまり自分が望んでいる効果を感じることができずに使用を辞めました。

そんなときに、購入したのがロールオンタイプの制汗剤です。
これは、脇に直接塗ることで発刊を抑えてくれるというものです。
手を汚すことなく直接塗れ、簡単に使用が可能です。
脇に直接塗るので、効果が高そうと感じました。
塗ってみると若干スースーした感覚があります。
お出かけ前に、汗拭きシートで拭いた脇に、このロールオンタイプの制汗剤を塗ります。
液状のものを塗りますが、すぐに乾いてくれるのでまったく問題ありません。
このロールオンタイプの制汗剤をを塗った日は、汗も少なくなりました。
1日着ていた服の脇の部分をかいでみると、あの嫌な臭いはまったくしません。
これを塗っていただけだったので、臭いが治まるか不安でしたが嫌な臭いは消えていました。

それからは、これをずっと塗っています。
家に常備するように購入しています。
もっと早くこれを使えばよかったと思うほどです。

また、このロールオンタイプを好んでいる理由があります。
臭いを抑えてくれることももちろんですが、小さく持ち運びもしやすいことです。
手のひらに収まる程度の大きさで、旅先にも持っていくことができます。
また、スプレータイプのように缶ではなく、プラスチック製なので使い終わった後の分別も大変楽です。

を使用し始めてから、脇の臭いを気にすることが無くなり、友達や好きな人といても気兼ねなく過ごせるようになりました。